カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

記事担当

バックナンバー

インフォメーション内検索

QRコード

qrcode

インフォメーション

ちふれASエルフェン埼玉を支えてくださる皆さまへ

日頃より、ちふれASエルフェン埼玉にご支援を賜り誠に有難うございます。

 

1120日のプレナスなでしこリーグ1部・2部入替戦第2節を終え、ちふれASエルフェン埼玉は今シーズンの全日程を終了いたしました。

ファン・サポーターの皆さま、地元地域の皆さま、パートナー企業の皆さま、後援会の皆さま、ボランティアの皆さま、そしてちふれASエルフェン埼玉に関わる全ての皆さまの多大なるご声援により、なでしこリーグ2部での準優勝、1部・2部入替戦の勝利を通じて、念願のなでしこリーグ1部への復帰を果たすことができ、ちふれASエルフェン埼玉は新たな歴史を刻むことが出来ました。あらためて皆様のご支援を深く御礼申し上げます。

「自立 教育 補完」をチームスローガンに掲げて臨んだ今シーズン、選手たち11人が自分自身に矢印を向けて、お互いを教育しあい、補完していくことで、勝利を目指してきました。その結果、なでしこリーグ1部への復帰だけでなく、なでしこリーグ2部フェアプレー賞の栄誉も獲得することが出来ました。それは、選手たちが毎晩の練習の中で、サッカーによる自己の成長に対し全力で、そして、真摯に向き合ってきた結果であると確信しております。

 

 スタジアムに於いては、4月に発生した熊本地震への義援金募集に対して、来場の皆様から、複数にわたりたくさんの寄付金をお預かりし、現地へお届けすることが出来ました。

また、灼熱の日差しの中での試合にも、大雨の中での試合にも、いつもご声援いただく大勢のファン・サポーターの皆様の姿がありました。特に忘れられないのは、9月に雷により試合が中断となり、全ての観客の皆さまにスタジアムから避難していただく事態が発生致しましたが、誰お一人からもご不満の言葉はなく、辛抱強く天候回復を、一緒に待っていただいたことです。

 このような、ちふれASエルフェン埼玉や女子サッカーを愛する皆さまからのかけがえのない熱く優しい想いに支えられ、私たちは今シーズンの歩みを進めることが出来ました。あらためまして心より感謝申し上げます。

 

  来シーズンは、皆さまと歩んでいけることに誇りを持ち、昇格に満足することなく、更なる成長を目指して、選手、スタッフ一同、全力で取り組んでまいります。

今後ともちふれASエルフェン埼玉を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

ちふれASエルフェン埼玉

理事長

西山 裕彦

2016/11/24 22:00|記事カテゴリー:その他