カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

記事担当

バックナンバー

インフォメーション内検索

QRコード

qrcode

インフォメーション

【医療法人社団 輔正会 岡村記念クリニック 様】新規パートナー契約締結のお知らせ

日頃は、ちふれASエルフェン埼玉をご声援いただき誠にありがとうございます。

この度、新たなパートナーとして日高市にある

医療法人社団 輔正会 岡村記念クリニック」様にご支援いただくこととなりましたのでお知らせいたします。

 

■会社名

医療法人社団 輔正会 岡村記念クリニック

 

院長:岡村維摩

■所在地

〒350-1245  埼玉県日高市栗坪230-1
TEL:042-986-1100(代)


■事業内容

医療業

 

 

■契約

オフィシャルパートナー契約(ホームタウン)

 

■掲出ロゴ

2018/07/31 09:47|記事カテゴリー:パートナー

【マリU-15】7/28(土)体験練習参加中止のお知らせ

28日(土)のマリU-15夏休み練習参加は、台風12号の接近が予想される為、参加される選手の安全を考慮し中止となりました。

 

2018/07/27 18:42|記事カテゴリー:お知らせ(下部組織マリ)

「鹿島建設 presents プライドリームス埼玉 親子スポーツクリニック2018」 開催中止のお知らせ

 

「鹿島建設 presents プライドリームス埼玉 親子スポーツクリニック2018」 開催中止のお知らせ

プライドリームス埼玉では「スポーツで埼玉をもっと元気に!!」のキャッチフレーズ のもと、

埼玉県内に本拠地を置き、全国トップリーグで活躍するチームが共に活動しています。

 

2018年7月31日(火)に開催を予定しておりました
「鹿島建設 presents プライドリームス埼玉 親子スポーツクリニック2018」ですが

兼ねてからの猛暑による熱中症等の事故が起きる可能性が高いと判断し、中止とさせていただきます。

イベントを楽しみにされていた皆さまには大変申し訳ございませんが、

参加される 皆さまの安全を最優先と考えて判断させていただきました。

 

12月には現役の選手やチームスタッフの生の声が楽しめる

「プライドリームス埼玉 トークフェスティバル2018」の開催が予定されております。

今後のプライドリームス埼玉のイベントにもぜひご参加ください。

これからも埼玉県のスポーツとプライドリームス埼玉をよろしくお願いします。

 

2018/07/19 23:55|記事カテゴリー:お知らせ

【株式会社 小松屋 様】新規パートナー契約締結のお知らせ

日頃は、ちふれASエルフェン埼玉をご声援いただき誠にありがとうございます。

この度、新たなパートナーとして入間市にある

株式会社小松屋」様にご支援いただくこととなりましたのでお知らせいたします。

 

■会社名

株式会社小松屋

 

代表取締役社長:内村 良一


■所在地

〒358-0022 埼玉県入間市扇町屋1-3-7

TEL:04-2962-4501


■事業内容

・ガラス工事

・建具工事

 

■契約

オフィシャルパートナー契約

2018/07/19 11:18|記事カテゴリー:パートナー

【カップ】7/15 第10節 vs.スフィーダ世田谷FC 試合結果

2018プレナスなでしこリーグカップ2部 Aグループ 第10節

vsスフィーダ世田谷FCの試合結果をお知らせいたします。

 

 

 

■試合結果

ちふれASエルフェン埼玉 2対1 スフィーダ世田谷FC

 

公式記録はコチラ↓

http://match.nadeshikoleague.jp/2018/nl2_cupA/match_report/m20.pdf

 

■得点

   8分:薊 理絵

   78分:失点

90+4分:荒川 恵理子

 

会場:味の素スタジアム西競技場 14:30kickoff

 

【スターティングメンバー】

GK:21.浅野

DF:3.松岡・14.西澤・4.橋沼・10.高野

MF:6.田嶋・18.伊藤・8.鈴木

FW:7.薊・26.荒川・23.祐村

 

【リザーブメンバー】

GK:20.高橋麻

DF:13.吉谷・15.村社・16.布山

MF:25.又吉

FW:9.中野・17.土居

 

 

【菅澤 大我 監督コメント】

前節に続いて、前半は良い内容であった。

相手を押し込み多くチャンスをつくることができた。

しかし追加点を奪う事が出来なかったのが、このゲームの課題となった。

戦術的な成長は感じるが、精神的には甘い。

この中断期間でワンランク上の闘いができるよう働きかけたい。

 

 

【7.薊 理絵選手コメント】

今日もこんなに暑い中一緒に戦って下さった皆さん、

それぞれの場所からエールを送って下さった皆さん、ありがとうございました!

勝利で終われた事は最低限の事だと思っています。
点を取る事もそうですが、失点をしないという事にこだわって入った試合でした。
こだわった事を達成出来なければそれはやはり私達の甘さだと思います。
勝ったから良しではなく、もっとこだわるとこをこだわり、

90分間集中を切らさず覚悟を持って戦えるようこの中断期間で徹底していきたいと思います!

ここで1度試合は空きますが、この期間でどれだけ成長出来るのかが勝負だと思っています!
中断明け、皆さんに成長した姿を観てもらえるよう頑張ります!

後半戦も是非一緒に戦ってください!
宜しくお願いします!

 

 

 

チームは約1ヶ月半中断期間に突入し、次節は9/1(土)11:00

神奈川県立保土ヶ谷公園サッカー場にて、ニッパツ横浜FCシーガルズとのアウェイゲームとなります。

引き続き熱い応援よろしくお願いいたします。

2018/07/16 12:47|記事カテゴリー:試合結果

<< | 3/144PAGES | >>